未来を担う新しい生命への扶助:未来を担う新しい生命への扶助 当研究所は、未来を担ってゆく新しい生命の誕生と成長に寄与する事業を行うために設立されました。
未来を担う新しい生命への扶助:未来を担う新しい生命への扶助 当研究所は、未来を担ってゆく新しい生命の誕生と成長に寄与する事業を行うために設立されました。
みらい生命研究所 精子バンク「未来を担う新しい生命への扶助」 みらい生命研究所 精子バンク「未来を担う新しい生命への扶助」 みらい生命研究所 精子バンク「未来を担う新しい生命への扶助」 みらい生命研究所 精子バンク「未来を担う新しい生命への扶助」
HOME

精子バンク事業について

愛する者同士がカップルとなり、自然な形で子どもを授かるのが理想と考えられています。しかし、さまざまな要因で希望がかなえられない場合があります。
子どものいる家庭を築く手段には多くの選択肢がありますが、そのひとつに提供精子を用いた人工授精(Donor Insemination:DI)があります。しかし、日本においては、精子提供者不足からDIの実施数が減少している現状があります。
この状況を改善するために、安全で良好な精子を医療機関に提供するために、精子バンク(Sperm Bank)事業を行います。

みらい生命研究所 代表取締役 岡田 弘
 

お知らせ

News

 2021/07/28更新 精子提供(ドナー)をご希望の方へ

精子提供者の条件は以下となります。
・年齢:20歳~40歳
・医療従事者、または医療機関関係者(製薬会社、医療機器関係など)
・既婚者の場合は、配偶者の承諾が必要
詳しくはこちらをご覧ください。
ドナーご希望の方へ

2021/07/14更新

2021年7月14日、読売新聞朝刊に、当研究所「精子バンク」の記事が掲載されました。
掲載記事はコチラ

2021/07/14更新

2021年7月13日、NHKのNEWS WEBで当研究所「精子バンク」が取り上げられました。
掲載記事はコチラ

2021/07/11更新

朝日新聞出版 AERA dot. に、当研究所の「精子バンク事業」に関する記事が掲載されました。
掲載記事はコチラ

2021/07/07更新

当研究所では、臨床検査技師を募集しております。
現在募集は行っておりません。

2021/07/02更新

2021年7月1日、当研究所精子バンクの記事が、共同通信社より配信されました。
掲載記事はコチラ

2021/06/22更新

 夕刊フジ「zakzak」に、当研究所の「精子バンク事業」に関する記事が掲載されました。
掲載記事はコチラ

2021/06/02更新

プレスリリースを掲載しました。
プレスリリースはコチラ

2021/06/02更新

2021年6月1日、毎日新聞に当研究所精子バンクの記事が掲載されました。
掲載記事はコチラ

2021/06/01更新

2021年6月1日、みらい生命研究所 精子バンクを設立しました。

2021/05/26更新

2021年5月25日、NHKニュースで、当研究所精子バンク設立のニュースが放送されました。

2021/05/26更新

2021年5月25日、読売新聞朝刊1面に、当研究所精子バンクの記事が掲載されました。
掲載記事はコチラ

2021/04/01更新

2021年4月1日、株式会社みらい生命研究所を設立しました。

みらい生命研究所 精子バンクとは

MIRAI Research Institute for Life Science:Sperm Bank

精子バンクについて

精子バンクについて

提供者より提供された精子を凍結保存し、契約医療機関に精子を提供します。
 

 

提携希望の医療機関様へ 

提携希望の医療機関様へ

当研究所は、精子提供をご希望の医療機関様と契約を結び、精子提供を行います。
 

 

みらい生命研究所 概要

みらい生命研究所 概要

安全で良好な精子を医療機関に提供するために、精子バンク事業を行います。